読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

3月以来

職場に出すための診断書を書いてもらうために3月初旬以来、かかりつけの病院ではなく指定された総合病院を受診。

 

前回のとはまた別の先生だった。

なんとなく前回の先生の方がよかったという印象はあったが、いろいろな先生にみてもらうのは良いことだと思った。

 

やはり、合う合わないというものがあることが今日初めてわかったし、決して今日の先生がそこまで悪いわけではなく、なんとなく少し違うなというレベルだったけれど、そういうのがあるとわかっただけでも収穫だった。

 

受診後少しだけドライブがてら車で田舎道を走り、気持ちが健やかだった。

運転中もあまりイライラしなかった。

 

家に帰ってさっそく診断書を郵送した。

ひとつ達成できたとカウントした。

 

日々の内容を意味あることにして、充実した人生をおくるためにも、毎日できたことをカウントしていこう。

 

できないことをカウントするよりも、できたことをカウントする人生の方が幸せだ。

できたことを数える

一日のうちに計画してできたことを数え上げて、ひとつひとつメモ帳に書きだすことをはじめました。

数え上げて書きとどめることで達成感を再確認できるので、小さな達成感の積み重ねを実感できると思ったからです。

 

以前本で読んだのですが、人は一日にかなりおおくの決断をしているようです。

そして、当然一日の最初の決断の方が精度は高いようです。

だから、大切な決断や意思決定は一日の最初にやるということを自分自身心掛けるようにしているのですが、

言うのは簡単ですが、実際に行うとなるとかなり大変です。

 

わたし自身のクセで、一日のなかでも期限が午前中でなければ、午後に先送りしてしまいます。

これはしっかり自覚しておくべきで、正すべきクセだと思います。

 

メールの返信、ATMの出入金、日用品の買い物、掃除・数え上げればかなりたくさんあります。

このたくさんのするべきことを重要度の高い順に並べて、早い時間に最も重要な決断から決めて行くクセをつけていこうと思います。

 

こういうふうな形で書き留めておけば、少しでも強く動機づけと振り返りができると思うのでブログに書き残そうと考えました。

 

先延ばしをすればするほど毎日を雑に送ってしまうような気がします。限りある人生なので少しでも有意義な時間を長く残せる方が自分にとって良いものですから。

 

 

f:id:toallthe999:20170521180753p:plain

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

DVDで見た人の欲深さ

TSUTAYAの100円レンタルで借りたマレフィセントを見ました。

結論からいいます。この映画、良かったです。

 

眠れる森の美女の別のお話という設定で、

主人公は悪の妖精として描かれるマレフィセント。

I watched the DVD of "Maleficent",

and I understood a greed of man through this film.

 

わたしが一番感じたことは

「人間の欲深さ」です。

 

これを一手に担う、登場人物がいるのですが、本当に見れば見るほどこいつには腹が立ちます。笑

ある意味ここまで、自分の欲に正直に生きていけるのはスゴいです。ただ、決して自分はそうなりたくありませんが。

 

あらゆる場面において、「欲深さは、その身を滅ぼす」

ということは、普遍的な真理ではないでしょうか。

 

この欲に目がくらむことを、いかにコントロールできるかが、生死の分かれ目なのだろうと自分なりに解釈してます。

 

greed 貪欲、greedy 欲深い

という単語を覚えられました。

ついでに勝手に作った例文も覚えて教訓にしようとおもいます

A greedy man never fail to bring trouble to his family.

 

 

f:id:toallthe999:20170520142721p:plain

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

小さなこと

昨日心に思ったとおり、今日はひとつひとつハードルの低い小さなことをこなしていった。

人間ドッグを予約している病院に連絡して日程変更を依頼して、さらに細かいことも確認できた。

歯医者の定期検診の予約ができた。

ローソンのお試しクーポンの交換に出掛けて、目当ての商品をもらった。

空き缶、ペットボトルをリサイクル品の回収に出せた。

途中になっているDVD鑑賞を一本終わらせた。残りは1本。

 

とても小さなことで、とても簡単なことだけど、心が不調をきたすとこういうこともなかなかできなくなる。

でも、できた。小さな達成感を味わえた。

それを自分自身が受け入れられるように思うことにしよう。

少しずつでも、そういうことを繰り返していけば、よくなっていく。

 

できなかったことを数えるのはやめて、できたことを数えて自身で認めていこう。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

AT&T追加投資と考え方転換

人間ってこうだと決めて、即決断実行できる人とそうではない人がいると思うんです。

 

わたしは前者のようにしたいと心掛けているのですが、実際は後者の側面が強いです。

そして、できなかったことを自身に罪として問うのがクセになっています。

これを、できたことを自己の自信に組み込むというクセに変えようと思いました。

このクセを積み重ねて、即決断実行できるタイプに完全移行しようと決めました。

 

以前までのクセなら、

米国株投資のポートフォリオをETF中心にすると決断しながら、現状ポートフォリオ中のETFは米国債券中心ETFのBND6%だけしかできてない。

これからのクセは、

債券ETFのBNDをほぼ底値で拾いながら、全体の6%もポートフォリオに組み込むことができた。

 

この思考に行き着いたバックグラウンドは、この半年間、

VYM、VTIが常に年初来高値だと思い買い渋るうちに、年初来高値を10%以上切り上げてきました。手を出さないうちに、まさに機会損失を被ったのです。

そして、それはわかっていながらも昨日個別株のAT&Tに追加投資しました。

理由は年初来安値に近接したからです。買値は$37.79×50株です。

こうだと決めて、そのルールを決して破ることなく実行するということは簡単なようでとても難易度の高いことです。

ちなみにAT&Tへの追加投資自体は後悔はゼロです。現在持ち株数は100株です。 

 

ここに自分の弱さが見えたので、とにかくVYMとVTIを少しずつですが持とうと考えるようになりました。

たとえ、どんなに小さなことでも、達成できたことがあればそれを自身で受け入れる。

とにかくハードルの低いことを積み重ねて行く。そして、行動して実行し達成できれば、自己実現したことを認めようと思いました。

f:id:toallthe999:20170518160814p:plain 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

自分の脳内は

突然ですが、みなさんは自分の脳内にはどんなイメージを持っていますか。

漠然としたイメージ、はっきりとしたイメージ、人それぞれで全く違うんだろうなと空想にふけります。

 

わたしの脳内は、つねに流れる世界です、いつも流動的でいろいろなことに興味がわいては消えて行き、その繰り返しのような印象です。

空想の生き物もいろいろ登場しますね。脳内世界だからなんでもありです。

 

最近は空き時間にジョジョの奇妙な冒険第4部「ダイヤモンドは砕けない」の動画(アニメ)を見まくっているので、脳内がこの漫画の舞台、杜王町になっています。

 

そして、そこには、あらゆるスタンド使いが登場します。

※スタンド・・精神エネルギーを具現化した守護霊のようなもの。本体の人間の性質が現れており、各々が別の能力を持つ。例:壊れたものを復元する能力など

※スタンド使い・・スタンドを持つ人間。すべての人間がスタンド使いになれるわけではない。スタンドはスタンド使いだけに見える。

 

私の脳内の杜王町の中にいるスタンド使いは108人です。なぜ108人かというと、煩悩の数です。自分の中の煩悩を敵のスタンド使いとしてみました。

 

スタンド同士は引き合い、いずれ必ず戦う運命となります。死闘を経て、仲間となるスタンドもいれば、死んでしまうスタンドもいるでしょう。

「運命はどんなに逃げても必ず自身を追ってくる、絶対に逃れられない、その答えはただひとつ自分自身が乗り越えていくしかない」的な名言もありました。

悪役も大変に個性が溢れていて、とてつもなく卑劣なクソ野郎じみたスタンド使いも多々登場します。

 

毎回ジョジョを見てゾクゾクするような興奮を味わうシーンがあります。

それは主人公が、絶体絶命の状況にまで追い詰められ、もはや死を免れない絶望的な状況にまで行き着いたとき、主人公は突然とてつもなく冷静になります。そして、読者が全く予想だにしない方法で起死回生の一撃をくらわせ、心理的にも物理的にも敵を圧倒的に制して倒すんです。

そこに敵がハラワタ煮えくり返るくらいなゲス野郎であればあるほどスカッとします。

だいたい、そういう悪役は、恐怖の驚愕の声で「な、なぁにィィ!」→主人公「オラオラオラオラオラオラオラ・・・・・」と完膚なきまでの激しいパンチの超絶連打を浴びせられてもうボッコボコのフルボッコにされて、

最後に敵は「はぐうゥあ!!!」と言ってブッ倒されます。

これが、もうなんというか、言葉で説明できないくらい男心をくすぐります。やみつきになります。めちゃくちゃカッコよくて、最高にスカッとします。

 

昔女友達が、オラオラオラオラというパンチシーンになぜ4ページも割くのか意味がわからない。文字もオラオラオラ以外にない。と冷静に言っていましたが、オラオラオラオラ・・の中、そしてパンチの描写の中にもとても深い意味があるのです!笑 

 

自身の中にあるあらゆる欲をスタンドに見立ててそれら個性溢れる敵達を説き伏せたり、心理戦に勝ち卑劣な相手をフルボッコにしてなぎ倒していく。こうして自身も大きく成長していければいいなと思います。

 

みなさんの脳内世界はどこに設定されているでしょうか?

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

自己顕示欲

以前の欲と投資 - T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUNでもふれたのですが、

最近台頭いちじるしい自己顕示欲、これ自分以外のひとはどう思っているのだろうかと少し気になります。

 

自己顕示欲とは、

オレってすごいだろ、だからもっと注目してくれよ!わたしってこんなに意識高いの!ほら、こんなキラキラしてるわたしをみて!!日々トレーニングをかかさないオレを見てくれ、ほら!!もっともっとみんな、いいね!押してくれていいんだぜ・・

こういう感じでしょうか。

 

要はまわりに、「特別な」「周囲と違う」自分の価値を誇示したい欲でしょうか。

別名「こんなすごいわたしを見て見て欲」でしょうか。

 

この欲、いますごくないですか?

少なくとも自分の周りは相変わらずそれです。天井知らずの自己顕示欲は、まるで昇り竜がごとく、あらゆる人が競い合っています。

地域性のクセがとても強い田舎なので、東京で流行ったトレンドが信じられない年スパンの遅れで流行します。

都会はいまどうなんでしょう、自己顕示欲の競い合い、すでに廃れたのかな。

 

この自己顕示欲に囚われると目的を見失ってしまうようで、のめり込んでしまうと、わりと危険だと思います。

旅行で例えるなら、本来は自分が旅行先の景色や雰囲気、空気をいちばん楽しむべきなのに、SNSアップ用の写真や動画撮りばかりに精を出して、目で景色を見て耳で音を聞いて口で旅先の空気をすって・・五感で感じることはすっかり置いてけぼりなような。

そして、旅先での人とのコミュニケーション(道を聞くなど)もおなじく存在感うすくなってきたような。

人それぞれ価値観がありますから一概には言えませんが、人間らしさを感じることが答えなら、五感を働かせる方が良いと思います。

 

だから、この自己顕示欲、自分の中でけっこう叩きつぶしたいんですよね(笑)

(頭の中のイメージは空条承太郎のスタープラチナで時を止めてオラオラオラオラ・・・とフルボッコにする感じです。)

この欲、SNS以外にもたくさん存在すると思います。わたしが資産推移をこのブログで開示しているのも、視点を変えればモロそれですから、大きな反省点です。

一応備忘録のつもりなのですが・・ね笑

 

自己顕示欲にとらわれ続ける限り幸せにはたどり着けないと思うようになりました。

なぜなら自己顕示欲競争には終わりがないので。

つまり自己顕示欲を亡くすことが答えなんじゃないかと。

 

ただし、まったくゼロにしてしまうとそれはそれでロボットのようで良くはなさそうなので、必要最低限に抑え込むことを自分自身心掛けていきたいです。

 

 

人間, 子, 女の子, 顔, ブロンド, ビュー, ピンぼけ, クローズ, 夢

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ