T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

BTI追加買い

ティッカーシンボルBTI

ブリティッシュ・アメリカン・タバコを指値57.99×20株で追加買い。

一昨日の指値が約定してました。

イギリスなのかアメリカなのかどっちよ!とツッコミ入れたくなるような名前ですね

 

これでBTI保有は40株。ちなみにアルトリア(MO)も指値注文出してたのですが約定せず。

タバコ銘柄が全般的に不調ですが、何かあるのでしょうか。わかりません。←調べなさいよ

 

BTIはほぼ52週安値ですが、当然今が底であるわけもなく、これだけ下がってるんだから上がるだろうという見通しは完全に誤っていると覚悟はしておきます。

 

タバコには激しい嫌悪感がありますが、銘柄を持つことに関しては話は別です。

 

今回のBTIはNISA枠で購入したので配当金は完全非課税になるのが嬉しいですね。英国ADR銘柄なので、現地の源泉徴収税が非課税、NISAは国内非課税でパーフェクトとなります。

 

わたしがハイテクに手を出した時が、まさに天井になりそうな予感です。手を出しませんが。

 

株って買ったら毎回なんで下がるんでしょうね!!!

 

God bless you & me 

バリューセット

マクドナルド(MCD)買いました。

MCDは高値つかみで、先月すでに買っていたんですが、しびれを切らして買い増し。158.51×10株

今月前半にもっと底値がありましたが、そのときはまだ下がると感じ、待っていたらするすると上がってしまいました。

 

そしてジョンソンアンドジョンソン(JNJ)132.99×10株

ここもMCDとおなじ状況。

 

さらに自分史上初めてのETF買いで、VTI142.31×5株

ここもMCDとおなじ状況。

 

事前に下がったら買うと血気盛んに暴落こい!と意気込んでいても、いざ実行がいかに難しいかを実感させられます。

 

マクドナルドは総保有数30株、

ジョンソンアンドジョンソンも総保有数30株

どちらも本当のバリューセットで買いたいですね!まだまだ比率を上げたい2銘柄なので!

 

さあ、わたしがついに買ったのでフラグが立ったかもしれません。

暴落は果たしてくるでしょうか。何年おんなじこと言うてんねんとツッコミたくなりますね!

 
f:id:toallthe999:20180315225606j:image

 

God bless you & me

人間関係

最近思ったこと、備忘録として書いておきます。

人間関係って気を使うようになったら終わりだなと。しかもそれが無意識なら尚更終焉の合図かと。

 

ちなみに、ここでの人間関係というのは、プライベートの人間関係のことです。

 

組織内では、気を使う人間関係を終われないです、終わりたくとも。(ここは、あくまで自分の性格的な話ですが。)

終われる人は、パッと辞められる人で、スゴいと思います。

 

最近プライベートの関係で、無意識に気を使うようになってしまった方がお二人いて、苦しかったですね。

無意識でも、意識的でも、自分らしくいることができないなら、それはもう一緒にいる意味がない。

 

ありのままでない、偽りの自分を演じて貫き通すのってめちゃくちゃ疲れます。

 

ましてや、関係が長くなるほどボロがたくさん出てきます。なぜなら、偽りの姿だから。

 

ボロが出ると、相手もあれ?となります。

自分も相手も時間をムダにしたくないですね。偽りの自分で接する時間がすべてムダになるのですから、早く損切りした方が良い。

 

だから、気を付けようと決めました、無意識に気を使う関係になっていたら、離れよう。

 

前回分も住民税申告

こんばんは。おぞましいほどに確定申告キライな人、とても多いんですね、なぜか自分はそんなに苦ではなく、むしろ積極的にやりたいということで、前回(平成29年度)の住民税の申告もついでにしてみました。

 

平成29年度は厳密には今年度なのですが、住民税の場合は所得税とちがい、未来の納税(平成29年6月~平成30年5月)に対する申告となるので、前回(平成29年度)という言い方をしています。

ちなみに今回、直近で皆様が申告しているであろう住民税は、平成30年度(平成30年6月~平成31年5月)のものになります。

この30年度について、わたしは先日申告書を郵送し終えました。そして、何げなしに平成29年度(平成29年6月~平成30年5月)の住民税通知をみていたら、生命保険料控除の金額が違っていたので、これはだめだと思い、試しにやってみました。

 

さらに見ると、配当所得も課税所得に合算されて計算されていたので、申告分離課税方式を選んでいるということで、これも課税所得から除いてみました。

生命保険料控除の金額は大丈夫そうですが、配当所得の除外は、平成29年度も認められるかどうか、ものは試しということで申告書つくって提出したという流れです。

 

郵送で送ったので、結果は後日わかりますが、郵送費の92円より還付金多いと嬉しいですね。

 

皆様の税金が1円でも多く還付され、納税が1円でも少なくなることを願います。

 

 

God bless you & me

確定申告の気付き

連投の確定申告シリーズです。

確定申告、キライな方が多いなかですいませんが。

 

両方やってみて自己備忘録として記事化しておきます。また、おなじ状況の方がいれば参考になるかもしれません。

 

地方税(住民税)の確定申告と国税(所得税など)の確定申告、控除額が少し違います。

たとえば基礎控除、国税(所得税)が38万に対して、住民税は33万。

生命保険料控除の金額も違います。

 

一方で控除額がおなじものもあります。医療費控除と社会保険料控除の金額、これは所得税の確定申告書と住民税の申告書でおなじ金額になります。

書き写すだけなので楽でした。

 

そして、寄付金控除も住民税の確定申告書に書く時は、国税(所得税)とちがう場所に現れるので注意が必要です。

所得税ではふるさと納税などの寄付金控除は間接控除といって、課税所得(税額計算の元になる金額)から差し引きますが、住民税では直接控除といって、支払う税金からダイレクトに差し引きされます。

 

おなじようで意外とちがうところが多々ありますね。自分でやってみるとよくわかります。

 

大手証券会社の毎月分配型のいわゆるタコ足配当シリーズを買って未だに持ち続けている同級生がいるのですが、確定申告をすると、問答無用で分配金から20%取られている分をいくらか取り返せると伝えても一向にやらないですからね。(特別分配金でないと仮定してですが)

そもそも、その投信シリーズはやばいと言っても、プロに任せてるし、儲かってると言って聞かないですからどうしようもないのですが。

 

以上、人はおもいどおりに動かない。自分が変わるしかない、シリーズでした。

 

話を戻して、最後の確定申告の気付きです。

わたしの所得税の確定申告、申告分離課税から総合課税に変更しました。

変更前に、株式譲渡所得と配当所得に充てられていた前年の損益通算用の繰越損失。

これが株式譲渡所得だけに充てられて、配当所得に充てられていた部分は来年に繰越されました。

つまり課税方式に総合課税を選択すると、配当所得の損益通算はできなくなるということがわかりました。

 

これも実際やってみて初めてわかりました。

とりあえずやってみるのは理解する上でいちばん良いですね!

 

皆様の還付金が増え、納める税金が減ることを切に願います!

 

※以下は申告分離課税を選択した申告書。

損益通算は株式譲渡益と配当所得のふたつに充てられて結果0円になっています。
f:id:toallthe999:20180307182634j:image

God bless you & me

 

確定申告書の整理番号

こんばんは。突然ですが、わたし、確定申告には並々ならぬモチベーションが沸くのですが、皆様はいかがですか?

個人的に税金は一銭たりとも多く払いたくないですし、取り返せるものはいくらでも取り返したいです、はい。

なぜなら、ろくな使われ方されてないと思うので。

 

そして今日、なにげなしに過去2年分の国税還付金通知書を見て発見したのですが、整理番号がまったくおなじ!

???となり、気になったのでGoogleで調べてみました。

 

結果わかったのは、管轄の税務署が変わらなければ、過去に確定申告をした人は税務署のデータベースに履歴が蓄積され、整理番号で管理されて残るようです。

 

だから、同じ税務署で確定申告する限り毎年おなじ整理番号になるようです。

なるほど。

ちなみに損益通算に使える株式譲渡損失などは最長3年間繰越可能ですが、この整理番号で確認してるのだろうと思われます。

 

 

そしておそらく、確定申告書は保存年限があって、かなりの年数書庫などに保存されるんでしょうね~何となくわかります。

 

皆様も機会があれば、国税還付金通知書のハガキがきたら、整理番号を確認してみてくださいね!


f:id:toallthe999:20180306212043j:image

 

God bless you & me

住民税の確定申告

先日所得税(国税)の平成29年分確定申告終わりと記事をあげたのですが、なにも考えず、これまでどおり課税区分に申告分離課税を選択し、申告書を作っていました。

 

が、

 

偶然にも、投資仲間から総合課税の選択という有り難い助言をいただき、もしや自分も今回の確定申告は総合課税で申告した方がお得ではないの???という疑問を抱き、調べなおしたところ、ご名答。

 

そもそも収入の柱の給与収入がかなり減ったのだから、当然といえば当然です、配当金について、申告分離課税より、総合課税の方が税額的にお得でした。

 

なんで申告分離課税にしたんだ、自分!

なぜなら、やったことなくて知らなかったから。しかも給与収入が大きく減るという局面も、これまでの人生で遭遇したことなかったから。

 

ということで、国税庁のHP、確定申告書作成コーナーにて、バックアップデータ読込みを再度行い、申告分離課税から総合課税を選択しなおして申告書作り直しました。

結果、還付金は以下のとおり。

f:id:toallthe999:20180305215331j:image

 

自分史上、こんな大きな還付金初めてです。

申告分離課税の時は59161円だったので、総合課税にしたら、8767円増えました。

ありがたや。投資仲間様々ですね。ということでこの新たに作り直した申告書を差替え分として税務署に提出しました。

 

そして、総合課税にすると、出てくる他の影響があります。

総合課税は株の配当所得などを給与所得に合算する形なので、合算されて大きくなった金額ベースで住民税や国民健康保険料が決まることになります。

 

せっかく還付金が大きくなっても国保料がそれ以上に値上げされたら意味がありません。

 

そこで、お住まいの市町村にて、住民税の確定申告をして、配当所得に申告不要制度を適用させます。これをすることで、住民税の計算上、配当所得をなかったことにできます。

 

各市町村によって申告方法、様式はまちまちですが、大方はおなじかと思われます。

 

私は今回、電話で問い合わせをしたところ、優しい女性の職員さんが丁寧に回答してくれました。

 

源泉徴収票や寄附金控除証明書の原本は税務署に所得税の確定申告をした時に提出したので、手元にないし、出せませんぜ!どないしましょ?というと、その申告書の控えのコピーを送ってくれたら大丈夫ですとのことでした。

 

ということで、税務署に出す所得税の確定申告書をもとに、住民税の確定申告書を作り郵送で役所に送付しました。

※住民税の控除額など所得税と全くおなじではないので注意が必要です

 

所得税の確定申告で総合課税の選択をされた方はぜひお住まいの市町村で住民税の確定申告もしてみてくださいね!税額上有利になることがありますので!!

 

 

God bless you & me