読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

自分を知ること

f:id:toallthe999:20170424174837p:plain

最近、自分自身のことが少しずつだがわかってきた

 

二十代なんてぜんぜんわかってなかった

 

自分の性格ほどわかってるようでわかってないものはない

 

むかしは自分がわからないなりにも、人の言った事を素直にうけとめていたし、人のいうことを素直に信じていた。

 

素直にすべてを受け止め、いろいろな人とつながった。

けれど、

都合のいいように利用され、裏切られることをたくさん経験した。

運がわるかったし、だまされる自分がわるい。

 

そして、お金と時間、素直に人のことばを信じる気持ちを失っていった。

とても、いやなおもいを思い起こせばキリがない。

人間ってこんなにも薄情になれるものなんだという思いもたくさんした。

 

自尊心のなかった自分は、

あらゆる場面で無意識に「自分がこう答えたら相手は喜ぶだろう、相手の期待どおりだろうという」予測をたてて動き、話をしていた。

予測は相手の表情、細かいしぐさなどで読み取っていた。

昔から父の機嫌をうかがって生きてきたので、そういう能力には長けていたはずだ。

そして、相手の期待することを言えば、自分の意見は無視されず、しかも相手も喜ぶ。

 

いま過去の自分を客観的にみると、このわたしの性格を知った後ならこんなに、利用しやすい人間はいないとおもう。

 

 そして、それは、無意識のうちに自分を大切に扱ってくれない人、自分を利用しようとする人を多く引き寄せていた。

 

嫌なことは嫌というべきだし、好きなことは好きというべき。

それが人間、あるべき本来の姿。

けれど、わたしは幼少から父によって決してそれを許されない環境で育った。常に父の意図するとおりに振る舞うこと。そこに私の好き嫌いという意思など到底存在するはずもなかった。

 

だから、「あなたの意見はなに?」「あなた自身はどう思うの?」と聞かれた時、何も答えられないし、その質問自体が怖かった。

なぜなら、自分の意見は常に無視され続け、意見を持つこと自体も許されなかったから。突然それを聞かれると、混乱して何もわからないし、何も答えられない。

さらに悪いことに、過去のトラウマを刺激する。

結果、わたしは、混乱して何もわからなくなる質問(あなたの意見はなに?)を投げかける人から離れていった

 

それはつまり、わたしの意見を大切にしてくれる人を遠ざけ、わたしの意見を無視する人を引き寄せることになっていた。

 

 際限なく人を利用するような人は、会社の上司や部下、親戚、兄弟姉妹、友人、パートナー関係、あらゆる関係、あらゆる階層で存在する。

立場上関係を切れないケースもある。

だけど、たとえ関係は切れずとも、そういう相手とはとにかく即離れた方がいい。

一緒にいても、都合のいい利用はエスカレートはあっても、弱まることなどない。 

そのうえ、そういう人は逆の立場になった時はたいてい見ぬふりをして即去っていく。

そういう人と関わる時間と労力、お金を無駄にするべきではない。

 

私とおなじ立場にあって、現在進行形のひともいるだろうけれど、すこしでも早くその状況から離れられることを望んでる

自分自身にかけることばに込めて、そうおもう  U.S.A

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

 

エル・ブランズ(ティッカーシンボル:LB)

「ヴィクシーエンジェル」の画像検索結果

ポートフォリオの6%を占めるエル・ブランズ(L Brands Inc.)ティッカーはLB

平均購入単価$59.91で65株保有。最近は株価がようやく復調し始めた。そしてどんな企業かを備忘録として記事に。

ヴィクシーエンジェルが好きでエルブランズを買ったという人はハニートラップにかかりやすい人です。気をつけましょう。←どの口が言ってんだ。

 

企業概要 

エル・ブランズ(L Brands Inc.)はオハイオ州コロンバスに本社を置く女性用インナー(下着)販売大手。

主力の2大ブランドであるインナー販売のVictoria`s Secret、ボディケア用品販売のBath & Body Worksをアメリカ、カナダ、イギリスに直営店で3005店舗展開する。

Eコマースを含む近年の売上構成はVictoria`s Secret63%、Bath & Body Works29%となっている。

広告塔として大きな影響力を持つ

Victoria`s Secretのモデルは日本ではヴィクシーエンジェル(Victoria`s Secret Angels)と呼ばれ、モデルのあこがれのモデルとも言われるほど。

日本でも人気のミランダ・カーも過去にヴィクシーエンジェルだった。

写真はテイラー・ヒル。

 

企業沿革

創業は1963年。レスリー・ウェクスナー(L Brandsの会長兼CEO)というユダヤ人男性がオハイオ州のショッピングセンター内にオープンしたThe Limited社よりはじまる。

社名は若い女性向けの服に絞って商品を揃えたことに由来する。

 

話はさかのぼり、

レスリー・ウェクスナーの母ベラは迫害から逃れるため、ロシアから移民としてアメリカにやってきた。そして、ベラは21歳の若さで有名デパートチェーンの最年少バイヤーとなった後、おなじ場所で20年以上に渡り活躍を続けた。

その後、ベラは夫のハリー・ウェクスナーと共に独立し、息子の名前をそのまま使ったレスリーズ(Leslie's)という名の女性服の店をオープンさせた。

レスリーはこの自分の名前のついた両親の店からヒントを得てThe Limitedをオープンさせたのだった。

 

その後、同社は急速に成長し、ついには1969年、The Limited Brandsとしてニューヨーク証券取引所に上場、株式公開を行うにいたる。

1977年にはオハイオ州コロンバス、モールス・ロードに本社を移転させ、現在でも本社はそこにそのまま位置している。

そして、 なんと現主力ブランドのVictoria`s Secretは、1982年にロイ・レイモンド社から100万ドルの買収で獲得している。

 

それまであまり前例のなかった若い女性向けの服の店を、しかも、男性がオープンさせたというチャレンジ・スピリッツは実に素晴らしい。 

型にはまらないことの大切さを1963年に実践している。いつの時代も成功の条件は変わらないのかもしれない。

 

型にはまりすぎて身動きがとれず、沈みゆく日本企業を最近よく見るのは皮肉なことだが。

 

L Brands Inc.の業績は以下リンク。株価と業績の不調で現在は5%近い配当利回り。

www.msn.com

 

株価各指標と財務情報のハイライト。

finviz.com

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

 

コカ・コーラ(ティッカーシンボル:KO)

f:id:toallthe999:20170423121850p:plain

 私のポートフォリオの11%を占める米国コカ・コーラ社(The Coca-Cola Company)についても、知っておくべきとの備忘録。

 

コカ・コーラは1886年創業。

ジョージア州アトランタに本社を置くノンアルコール飲料メーカー。50年超えの連続増配年数を誇る優良企業。

バフェット銘柄のひとつというのは有名な話。もちろんNYダウ構成銘柄でもある。

炭酸飲料が売上げの過半数を占め、強力なブランド力をもつ飲料界の巨人。

 

ご存じのとおり知名度は抜群で、クリスマスやサンタクロースの赤いイメージカラーも同社が作り上げたとの噂もあるほど。

オリンピックなど世界規模のスポーツイベントのスポンサーとしても同社をよく目にするので、イメージ戦略にも長けている。

 

ノウハウを売ってライセンス料をもらうフランチャイズビジネスが主で、24時間365日、世界中のどこかしら、何億人という規模でコカ・コーラ社の商標のついた飲料は、飲まれているというまさしく本物のグローバル企業。

 

日本では、炭酸飲料でファンタ、スプライト、リアルゴールドなど、

非炭酸ではアクエリアス、爽健美茶、ジョージア、紅茶花伝、ミニッツメイド、いろはす等のブランドも大きな存在感を持つ。

 

近年は肥満を避ける健康志向から炭酸、甘味料が敬遠されるも、ミネラルウォーターなどの非炭酸飲料の売上が伸びている。じつに手堅い。

 

2015年エナジードリンクで有名なモンスタービバレッジ社(Monster Beverage Corp.)に資本参加もしている。

現在同社は、ボトリング事業の再フランチャイズ化を推進しており、北米では2017年末までに完了予定で、中国、ヨーロッパでも提携先と協議中である。

もともと強いボトリング事業のフランチャイズをさらに強化して盤石の体制にする狙いか。株主としては頼もしい限り。 

 

ライバル企業は

Pepsico、Dr Pepper Snapple Gr.、National Beverage、Keurig Green Mountainなど。

ペプシは欲しい。

 

財務情報は以下リンク。近年の売上はやや停滞しているが20%超えの営業利益率。配当利回りも現時点で3.44%と高い。

www.msn.com

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

 

ベライゾン・コミュニケーションズ(ティッカーシンボル:VZ)

 f:id:toallthe999:20170422191430p:plain

ポートフォリオの10%を占める銘柄の企業のことくらいしっかり知っておくべきなので、ベライゾンがどんな企業なのか備忘録として記事に。

 

企業概要

ベライゾン・コミュニケーションズ(Verizon Commumications Inc.)

ニューヨーク州はマンハッタンに本社を置く大手通信サービス企業。アメリカ国内では通信大手AT&Tとならぶ二強のひとつ。NYダウ構成銘柄でもある企業。

Verizonという社名は、「Veritas(ラテン語で真実)」と、「Horizon(地平線)」を合成したもの。

 

ちなみに昔何気なく使っていた言葉にある「電話のベル」、電話を作ったアレクサンダー・グラハム・ベルが1878年にベルテレフォンカンパニーを設立し、そこに由来している。

その後、このベルテレフォンカンパニーが7分割され、その内のひとつが東部の地域電話会社のベル・アトランティックだった。

2000年にこのベル・アトランティックが、非ベル系通信会社最大級のGTE社を合併してベライゾン・コミュニケーションズは誕生した。

 

ベライゾンは採算のいいポストペイド(料金後納)が強く、4GLTE(第4世代移動体通信網)でも先行する。2014年英国大手ボーダフォンとの合弁を解消し、ベライゾン・ワイヤレスを完全子会社化した。2015年にはインターネット大手AOLを買収し、動画広告なども開拓。同年にキューバで携帯国際ローミングサービスを開始している。

そして、2016年に次世代の5Gサービスを開始した。

 

ライバル企業

AT&T、Sprint、T-Mobile US、MetroPCS Communications

 

私見

ベライゾンはaT&T同様に高配当で有名な企業。現時点で配当は4.89%の高利回りになっている。

わたしのVZ平均購入単価は$48.81で145株保有しているので、現在は株価不調で$1以上も下げているので、買い増したいが、保有株数が多いので、さらに下がるまで様子見。

業績推移は以下リンクのとおり。営業利益率が高い。

www.msn.com

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

 

W.W.グレインジャー(ティッカーシンボル:GWW)

 「GRAINGER」の画像検索結果

W・W・グレインジャー(ティッカーシンボル:GWW)$194.56×6株新規買い。

購入理由は、

My Portforioに資本財(工業製品)セクターの企業がなかった、44年連続増配年数を誇る優良企業が52週安値を絶賛更新中であったこと。

 

1株がこれほど高い株はほとんど買わない。株価の高い銘柄は、値動きの幅が予想以上に大きく今後の為になった。指値より2ドル下振れた$192.5が下限だった。

株価がまだ下がりそうなので株数はかなり抑えた。幸いマネックス証券のアプリ手数料無料キャンペーン - T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUNで買付手数料無料なので4月中はコストなしで時間分散を効かせることができる。

 

「昨日の失敗は今日の成功につながる」わたしのマインド。これに従う。

 

W・W・グレインジャーの沿革

W. W. Grainger - Wikipediaより引用

設立は1927年イリノイ州シカゴにて。現在の本社は同州レイクフォレストにある。

当初はポストカードとカタログを通じたオーダーメイドの受注販売からスタートし、その後、1967年には株式上場企業となる。上場後にW・W・グレインジャーは飛躍的な成長を遂げ、売上も1984年の年間1億ドルから2004年には5億ドルまでに増加している。そして、同社は収益性の高い企業として44年連続増配という実績を誇る優良企業となっている。

また、1996年に最初の自社ウェブサイトを立ち上げた後に、2015年にはウェブサイトZoroを通じたオンライン販売が同社の収益の41%を占めるまでとなり、北米で11位の規模のオンライン取引業者に成長している。

ちなみにフォーチュン500 - Wikipediaの順位は現在355位。正直、微妙なのだが。

http://fortune.com/fortune500/2000/w-w-grainger-inc-355/

fortune500とはフォーチュン誌が出す全米上位500社の収入ランキング。

 

W・W・グレインジャーの企業概要

W・W・グレインジャー(W.W. Grainger, Inc.)は企業・政府機関用の間接材販売業者という位置づけの資材メーカー。

北米(米国とカナダ)中心の商業、工業、工事請負業者および企業を対象に、作業用資材および関連情報の販売、メンテナンス、修理を手掛ける。

北米以外では、中南米、ヨーロッパ、日本、中国でも事業を展開している。

大まかに言うと、セキュリティ用品、電気製品、工具、清掃・保守製品、配管製品、ビルメンテナンス用品などの消耗品を販売し、

同時に、メンテナンス用品も流通、販売する。販売代理店、ダイレクトマーケティング、カタログ、オンライン取引を通じた製品販売も行う。

製品の具体例は、モーター、冷暖房空調設備(HVAC)、照明、手動・電動工具、ポンプ、電気器具など多岐にわたっている。

 

日本ではMonotaROをイメージすればわかりやすい。MonotaROの親会社であるW・W・グレインジャー(W.W. Grainger, Inc.)は、世界中で約300万もの企業・政府機関に製品・サービスを提供する、親会社らしい桁違いのレベルの企業となっている。

 

私見

販売製品の中身をみると定期的なメンテナンスと買替え需要は必須だろう。

ただ、アマゾンがW.W.グレインジャーの販売する工具など維持補修用産業資材(MRO)の参入障壁を切り崩せば、かなり強力なライバルとして君臨するリスクは否めない。

年間の財務情報(GWW - W.W. Grainger Inc の財務報告 - MSN マネー)をみると、

営業利益率が11%、長期負債対フリーキャッシュフロー比率おおむね300%以内、

ROE29%(Stock Quote GWW W.W. Grainger, Inc.)

ROIC20%(W.W. Grainger Inc (NYSE:GWW) ROIC %)なので、

※指標は、ほぼ全て2016年決算の金額でみている。

私の投資基準(わたしの投資法 - T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN)を満たす。

 

配当利回りは2.5%と決して高くはないが、W・W・グレインジャーには44年連続増配という株主重視のマインドがある。

こういう精神が根底にある企業に投資できるなら後悔はない←6株でよくそこまで言えたな。

  

MSNマネー 通期の業績詳細は以下リンク。下降気味なのがやや気になるが。

www.msn.com

 

Forbs Japanの2014年記事にW・W・グレインジャーが登場。

3年後の2017年四半期決算後に約12%の株価暴落がきた。

forbesjapan.com

 

そして最後はやはりたぱぞうさんの2016年11月の記事。

違う視点でわかりやすいので以下リンク。備忘録

www.americakabu.com

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

 

ズートピア

f:id:toallthe999:20170420112909p:plain

TSUTAYAでズートピア(Zootopia)を借りて初めて見た。音声は英語、日本語字幕で見た。

 

突然だが、わたしは吹替版が大嫌いだ。

字幕の方が、本当の映画自体の持つポテンシャルが損なわれることなく見れる。

映画にとって、演者の声はそれくらい重要な命の一部と思う。

抑揚と表情の細かい動きの隅々、微妙なニュアンスは本当の声でなければ伝わらない。

 

そしてズートピアの感想、

素晴らしい作品だった。

 

大人には、とても深く考えさせてくれるようなテーマを投げかけ

子どもには、どんなことでもあきらめなければ必ず夢はかなうという

強いメッセージ性があった。

もちろん、上のメッセージ性、大人と子どもの部分を入れ替えることだってできる。

そんなジェンダーレスへの思いも込められた深い映画。

見た目や体格、種、いろいろなことで枠に当てはめて判断すべきじゃない。

 

動物の社会を描いているのだけれど、まるで人間社会を皮肉をこめて比喩したような、それでいて、いやらしさの欠片もなく、子どもの夢を壊さず嫌みは全くない、素直にかわいらしくて、ユーモア満載の笑えるところも多々あるような作品に仕上がっている。

 

とにかく最後まで見入ってしまう映画。

映画って、つまらなかったら途中でだれる。視聴者が最後までだれずに見入ってしまえば映画監督の狙い通り。

 

動物たちが種の違いを乗り越えて同じ世界で暮らしている。まるで世界中の人種が集まるアメリカそのもののよう。そして多数派と少数派、そこに現代の人間社会の抱える問題も実は提起されてて、深く考えさせられる、でも、勇気と希望も与えてくれる。

 

あらためてディズニー映画の底知れぬパワーと世界中の人達を魅了するエネルギーの源を感じた。Walt Disneyの株主でよかった。

 

まだ見ていない人にはぜひおすすめしたい。

音声は英語で字幕は日本語で見るのがおすすめです。

英語の音声の方が声質がキャラクターにぴったりで、ナチュラルな動きと声がもの凄くフィットしていて、最高です。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ

当時13歳差のお相手

キャノーラ, カップル, フィールド, 日没, 恋愛中です, 徒歩, 夢のような

このとき。とにかくいろいろ一番痛かったし、精神的にとても大きなダメージだった。

明らかな自分の決断の過ちだった。

 

13歳差。楽しい時もときにはあった。

その人とは全国で行われているJT主催の拾えば街が好きになる運動という清掃ボランティア活動で知り合った。

当時31歳。相手の年齢はわたしマイナス13歳。

 

付き合って一年したころ、突然の音信不通。電話連絡もLINEもすべて不通。何の前触れもなく、いきなりだ。本当に突発的な事件レベル。

当時facebookアカウントは生きていたのでメッセンジャーでも連絡したが不通。

ここまで前触れもなくとつぜん連絡が取れなくなるなんて、何か事故でもあったのかと大変に心配した。

どんなに連絡しても全くつながることなくそのまま一年が過ぎた。まったく意味不明すぎて理解不能も重なり、いったい自分が何をしたのかもわからないままに聞こうにも全く連絡はとれず、無理矢理にでも納得して消化して前に進むしかなかった。しかし性格上腑に落ちることは無く、切替えができないまま過ごしていた。

精神的におかしくなりそうだった。

いま振り返ると、相手の歳を考えると当時の私にとって前例のなかったそんな非常識なことも起きて当然だろうし、それを見極めることができなかったのも自己責任だ。

 

そして一年後にとつぜんスマホのメールアドレス宛てに彼女から連絡が来た。

そして、会うことになり、そこで初めて連絡が途絶えた理由を聞いた。

ここで彼女に会ってしまったのも、また、わたし自身の自己責任。

 

理由は、その当時彼女は自動車学校に通っていて、その教官が個人的に練習をみてあげるということで、教官とプライベートで会い強制的に関係を持たざるを得なかったようだった。

そして、わたしとの連絡を一方的に絶つしかなかったと泣きながら言っていた。

 

ここで、わたし自身が気づくべきだった。この人はわたしのことは本心では信頼していないのではないか。大切なことは自分で決める人で相手がいることは特に関係ない。

ただ単に魔がさした、わたしに気持ちがなかっただけのことか、真意はわからないが。

 

その後、わたしたちはよりを戻す。そして1年が過ぎたころ、大学を辞めたと事後に伝えてくれた。

いま冷静におもうと、この人はやはりわたしには信頼を置いていない。

 

思い起こせば、彼女は友達や家族との時間をよく優先していたので、わたしは付き合っている三年の間、遠距離でもないのに月一回ペースで会うだけだった。

たいして仲の良くない友人程度のレベルだ。

常に満たされない思いだった。

 

こんな関係の人とうまくいくはずがないし、彼女に結婚しようとも言っていたわたし自身どうかしていた。冷静な判断力をもって出た言葉ではない。

 

そして、最初の連絡不通から一年の空白の後に復縁し、また一年半すぎようとしたころ、こちらのLINEの連絡に対して彼女からの返信が突然1週間途切れた。

前回のトラウマもあってわたしは電話も何度かしたが、彼女は出なかった。

とうとうLINEでメッセージを送った。わたしもメッセージ上でとても怒っていた。

彼女は常に、向き合わなければならない深刻な話、ストレスのかかるような話からはとにかく逃げるタイプの人だった。わたしにだけだったのか、単に好きじゃなかっただけか。

 

そして、そのメッセージに対して遅い返信があった。LINEは好きなときに返せばいいと思うし、返信する余裕がなかったし、なんでそんなに怒っているのかわからないという趣旨で、極めつけは、しばらく会わないとLINEで一方的に告げられて終わった。

返信する余裕がなかったなら、無連絡放置ではなくて、せめて一言「いま余裕がないから」と一行の単発メッセージを送ってほしい。

外国の格言で見つけた「もっとも非人道的な行為は無関心なこと。」というのは、まさにその通りだとおもう。

 

それまでのわたしにとっての常識は別れる時は、会って話をして別れることだった。最悪それができなくても電話で話をして別れた。

そして、この彼女のおかげで、一方がLINEメッセージを送って後ブロックで強制終了というケースもあると知れた。

 

このときの時間の使い方、本当に反省したいし、これから先に生かしたい。

人は思っている以上に自分を客観視できない。

さらに問題なのはそこに恋愛の感情が絡むと、もはや狂戦士状態で突っ走るだけ。

 

起きてしまったことは、すべて過去の自分の選択の結果。 

それを納得して受け入れ進むのも、受け入れずに過去にとらわれ続けるのも自由だ。

いまのわたしはどちらだろう。残念ながら明らかに後者だ。

変わっていこう、少しずつでも確実に。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ