読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

医療費控除

確定申告

投資のためにとにかく大切なことは支出を最大限抑え、その分を投資にまわすこと。

会社員であれば、確定申告して税金取り戻す項目にはかなり限りがあるわけだが、それでも確実にやれば戻るわけでやらない手はない。
去年会社勤めのおれがやったのは、配当控除のみだった。もったいない。医療費控除は使えていたはずだわ。

今年は北海道にふるさと納税しまくったから寄付金控除も確実にする。そして今年の本題、医療費控除をしっかり使い確定申告するため病院でかかったときの領収書を一年分しっかり取ってある。

この医療費控除は、年間自己負担が10万を越えた金額が領収書をすべてつけて確定申告すれば一部が戻るしくみ。単身世帯30代のおれは10万なんぞ当然行くはずもなく。今年もせいぜい3万程度か。去年はここであきらめてた。しかし、どうやら世帯合算ができる。なので、親世帯(すでに10万オーバー確保)におれの領収書を合算して確定申告すりゃ3万の一部でもお得じゃねーか。課税所得から3万分差し引かれるので間接的に納める税金が減り、医療費の一部(10万を超えた金額×税率分)を還付金として取り戻せる。

よし、これだ!ということで、今月はしっかり病院にかかっている。なんのためにバカ高い社会保険料を国に毎月搾取されてるのかわからないので、しっかり使って元はとらせてもらう。

毎度偉そうな役人に使わせても、有意義なことはないので、せめて自分のコントロールできる分は有意義に合理的に使う。
f:id:toallthe999:20161211113333j:plain