読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

不動産屋に行って来た

今日は借りているアパート解約のため不動産屋に行って来た。休職してから実家に住んでいるのでアパートを借り続ける意味もなく、ついに解約手続きのため不動産屋に連絡。明け渡し確認の立会日を即決めたかったので書類の郵送は断り直接赴くことにした。行くと総務の女性従業員の方から丁寧な説明があり、1ヶ月後の3月27日に解約、同日明け渡しの確認と決まった。幸い実家からアパートは近く引越しは自力で引越しをするので、余裕をもった日程になり、しかも日割りで家賃の返金もしっかりしてくれるという説明で、2月の日にちの少なさに感謝。少しでも不要な金は節約してその分はすべて投資に回すという方針はこれからも徹底していこうと思う。

 

すんなり解約手続き書類の提出も終わり家に戻ると、アパートの火災保険料を11月に向こう2年分前払いしていることを忘れていた。当然不動産屋からその説明はなかったわけだが、調べたら、ちゃんと火災保険料の解約変更手続き書類があった。そして退去に伴う火災保険料解約手続きの書類をネットから印刷して、必要事項を書きこみ、担当の保険会社に郵送した。切手を買う前に一応不動産屋に連絡してみると、アパートの火災保険の担当は別会社になりますので、そちらにご連絡下さいということだった。聞きたかったのは保険書類の郵送用封筒あるか聞きたかったわけだがないということだったので。自腹で郵送費は負担となった。まあ何も送らなかったら解約返戻金は一切なしなので、郵送費よりは当然多く戻るだろ、いくらなんでも。大した金額ではないにしろ、解約返戻金も投資の原資金になるので、ここはしっかりしておこう。

 

そして敷金。これはアパート退去で一番問題なるとこだろうと思って払った敷金の金額を確認したら、45000円・・・安い。礼金は払ってないのでかなり破格だったんだなと。今年の確定申告の還付金とそんなに変わらないじゃないか。まあ水回りの掃除は特にしっかりやってできる限り戻るよう努力するか。