読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

小学校のときの衝撃

小学3年までは素朴な田舎のふるさとと呼べる家で過ごした。ある日突然引越しが決まったからと親から言われ小学4年から新しい小学校へ行くことになった。

 

新天地の住民性は最悪だった。その子どもも性悪な人間の比率がとても高かったのも以前の記事

toallthe999.hatenablog.com

に書いたとおりだ。

 

そんな中でも、転校後、親友と呼べるやつが一応できた。

小学5年になりそいつと別のクラスになった。

そして、別のクラスになったとたんにそいつは廊下ですれ違おうが無視。登下校で偶然会おうがまったく知らなかったかのような人間関係になった。

別にけんかをしたわけでもない。

 

意味不明だった。

転校前の学校では、そんなことは一度もなかったからだ。

結局その小学4年の1年間だけ親友だったそいつとは、それっきりだ。

推測だが、同じクラスという利害関係が消えたので人間関係も消したのだろうか。じつに合理的だこと。

 

そして、私はその転校後の学校のエリアの小中高と進学し、その自分的に全く馴染めないエリアに同化することを強いられた。

一度その学校のエリアでの同窓会に参加した。もはやそこにしか参加できないから。でもやっぱり馴染めなかった。合わないものは合わない。

 

幸い、小学3年まで住んでいた私の本当のふるさとの家はまだ空家でのこっている。いま、その家を整理している。ふるさとを取り戻すために。

 

f:id:toallthe999:20170406102046p:plain

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ