読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

当時13歳差のお相手

キャノーラ, カップル, フィールド, 日没, 恋愛中です, 徒歩, 夢のような

このとき。とにかくいろいろ一番痛かったし、精神的にとても大きなダメージだった。

明らかな自分の決断の過ちだった。

 

13歳差。楽しい時もときにはあった。

その人とは全国で行われているJT主催の拾えば街が好きになる運動という清掃ボランティア活動で知り合った。

当時31歳。相手の年齢はわたしマイナス13歳。

 

付き合って一年したころ、突然の音信不通。電話連絡もLINEもすべて不通。何の前触れもなく、いきなりだ。本当に突発的な事件レベル。

当時facebookアカウントは生きていたのでメッセンジャーでも連絡したが不通。

ここまで前触れもなくとつぜん連絡が取れなくなるなんて、何か事故でもあったのかと大変に心配した。

どんなに連絡しても全くつながることなくそのまま一年が過ぎた。まったく意味不明すぎて理解不能も重なり、いったい自分が何をしたのかもわからないままに聞こうにも全く連絡はとれず、無理矢理にでも納得して消化して前に進むしかなかった。しかし性格上腑に落ちることは無く、切替えができないまま過ごしていた。

精神的におかしくなりそうだった。

いま振り返ると、相手の歳を考えると当時の私にとって前例のなかったそんな非常識なことも起きて当然だろうし、それを見極めることができなかったのも自己責任だ。

 

そして一年後にとつぜんスマホのメールアドレス宛てに彼女から連絡が来た。

そして、会うことになり、そこで初めて連絡が途絶えた理由を聞いた。

ここで彼女に会ってしまったのも、また、わたし自身の自己責任。

 

理由は、その当時彼女は自動車学校に通っていて、その教官が個人的に練習をみてあげるということで、教官とプライベートで会い強制的に関係を持たざるを得なかったようだった。

そして、わたしとの連絡を一方的に絶つしかなかったと泣きながら言っていた。

 

ここで、わたし自身が気づくべきだった。この人はわたしのことは本心では信頼していないのではないか。大切なことは自分で決める人で相手がいることは特に関係ない。

ただ単に魔がさした、わたしに気持ちがなかっただけのことか、真意はわからないが。

 

その後、わたしたちはよりを戻す。そして1年が過ぎたころ、大学を辞めたと事後に伝えてくれた。

いま冷静におもうと、この人はやはりわたしには信頼を置いていない。

 

思い起こせば、彼女は友達や家族との時間をよく優先していたので、わたしは付き合っている三年の間、遠距離でもないのに月一回ペースで会うだけだった。

たいして仲の良くない友人程度のレベルだ。

常に満たされない思いだった。

 

こんな関係の人とうまくいくはずがないし、彼女に結婚しようとも言っていたわたし自身どうかしていた。冷静な判断力をもって出た言葉ではない。

 

そして、最初の連絡不通から一年の空白の後に復縁し、また一年半すぎようとしたころ、こちらのLINEの連絡に対して彼女からの返信が突然1週間途切れた。

前回のトラウマもあってわたしは電話も何度かしたが、彼女は出なかった。

とうとうLINEでメッセージを送った。わたしもメッセージ上でとても怒っていた。

彼女は常に、向き合わなければならない深刻な話、ストレスのかかるような話からはとにかく逃げるタイプの人だった。わたしにだけだったのか、単に好きじゃなかっただけか。

 

そして、そのメッセージに対して遅い返信があった。LINEは好きなときに返せばいいと思うし、返信する余裕がなかったし、なんでそんなに怒っているのかわからないという趣旨で、極めつけは、しばらく会わないとLINEで一方的に告げられて終わった。

返信する余裕がなかったなら、無連絡放置ではなくて、せめて一言「いま余裕がないから」と一行の単発メッセージを送ってほしい。

外国の格言で見つけた「もっとも非人道的な行為は無関心なこと。」というのは、まさにその通りだとおもう。

 

それまでのわたしにとっての常識は別れる時は、会って話をして別れることだった。最悪それができなくても電話で話をして別れた。

そして、この彼女のおかげで、一方がLINEメッセージを送って後ブロックで強制終了というケースもあると知れた。

 

このときの時間の使い方、本当に反省したいし、これから先に生かしたい。

人は思っている以上に自分を客観視できない。

さらに問題なのはそこに恋愛の感情が絡むと、もはや狂戦士状態で突っ走るだけ。

 

起きてしまったことは、すべて過去の自分の選択の結果。 

それを納得して受け入れ進むのも、受け入れずに過去にとらわれ続けるのも自由だ。

いまのわたしはどちらだろう。残念ながら明らかに後者だ。

変わっていこう、少しずつでも確実に。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ