読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

バークシャーBを買い増し

一昨日、BRK.B(バークシャー・ハサウェイB株)を買い増ししました。

正式にはマーケット開始前の指値が約定していたという感じです。

 

$163.89×20株なので、すでに保有していたBRK.Bと併せると

マイポートフォリオ内では6%になりました。

 

わたしのように米国個別株中心の運用でPFを組み、そのうちの1銘柄がバークシャーハサウェイの場合、各銘柄のパフォーマンスを見た時にバフェットの力をまざまざと感じることができます。

 

バークシャーハサウェイへの投資は、いうなれば、バフェットに運用を託すということでしょう。

コストはBRK.Bの買付手数料だけです。

見ようによっては経費率(信託報酬)0%のスーパーETFのようにも見えます。

2016年1月から約1年半保有しての感想です。

 

「これまでがそうだったからといってこれからもそうとは限りません。」

このバフェット自身の言葉どおりなのですが、わたしが少しの間BRK.Bを保有して感じた感想があるのも現実です。

しかも、どんなに含み益が出ていても売りたくないんですよね。不思議です。

 

個別株はとてつもなく楽しいですが、

感情を排除し、パフォーマンスだけで判断したとき、

ポートフォリオの中心はやはりETFにすべきだと最近よりいっそう感しています。

 

もとからETFは買おうとしていたのですが、最高値だとずっと思っているうちに1年以上過ぎました。この間の機会損失も感じました。

このようにわたしが感じ始めたということは、ピークアウトも近いのでしょうか。

 

いざ暴落時にキャッシュがないということだけにはならないよう備えるつもりです。

 

 空気。, 航空会社, アーキテクチャ, 背景, ブラック, 建物, 作成

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ