T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

ハイテク関連の調整

おととい何故か首に毛虫がついていて、その毒牙で激しいかゆみとじんましんに襲われているここ数日です。

首の後ろがくすぐったいなぁ・・なんだろう・・手で触った時の柔らかい感触。

毛虫です。

しかも絶対さわったらダメなやつ(チャドクガ)。

あの感触は忘れませんね、はい。おぞましいやつこの上ないアレです。

鳥肌もんです。コンサートで立つ鳥肌じゃないですよ!

皮膚科でもらった薬でようやくかゆみがマシになりました。

仮にいくら毛虫が大好きだとしても、絶対にさわらないでくださいね!

 

さて。前置き長くなりました。

昨日、ここ最近とんでもなく加熱気味だった、いまをときめく眩しいくらいの銘柄群、少し前の言い方だとFANGですね。

フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル

今ならNはエヌビディアでしょうか。加えてアップルもテスラも下げてましたねェ。

 

ここらの銘柄群。とにかく加熱中欲しかったですね。羨ましかったですね。

だって年初来高値ずっとだから敬遠していたらはや半年以上すぎてるという。

まるでハンカチを噛みしめるような思いでしょうか・・・

実際、当時の年初来高値で買ってらっしゃる方は投資クラスタには結構いらっしゃって、流石という思いがこみ上げますね。

 

ところが、昨日のNYでこれらのまばゆいほどのハイテク群が突然そろって調整。

調整の理由もよくわかりません。業績が悪くもなく大口の利益確定以外浮かびません。

気になったのはマネックス証券の広瀬さんがツイッターで意味深なつぶやきをしていました。

 広瀬さんのツイート内のリンク→

SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)-オンライントレードで株式・投資信託・債券を-

ツイートにも書きましたが

ハイテク調整を予期していたようなことを昨日のNY開始前につぶやいているんですね。偶然かもしれませんが。

なんとなく大口の利益確定の情報がその手の証券会社には早く回るんだろうなあとか勘ぐってしまいます。

 

考えてみればマネックス証券は米国のトレードステーション社を買収してますし、米国株のパイプも当然多くあるでしょうし、その筋の情報はやはり早くリークされて持てるんじゃないかなと思います。他の証券会社もおなじくしかりかと。

すべて私の想像ですが。w

 

各社の為替振替手数料無料キャンペーンが終わった後に、きれいな円高が毎回きてくれるのも、

証券会社目線でみると、キャンペーンで為替手数料無料なんだから、顧客にそこでたくさん為替振替されたら儲けがなくて、おもしろくないですよね。

だから、キャンペーン終わって円高で調整してるのかなあとか(そこでキャンペーン分の手数料回収)大人の事情をなんとなく感じます。

繰り返しますが、すべて私の想像です。w

 

とにかく、あらゆる表向きの情報(とくに上手いはなし)には、かならず裏があって、頭の良い人が、表面上は巧妙に取り繕い、得しそうな感じに大衆を洗脳してるんだろうなと妄想がふくらむのです。(笑)

 

で、なにが言いたいかと言うと、常に裏をみて判断しようとおもいました。

「もうはまだなり、まだはもうなり。」

ですね!

表向きの情報では、「もう買った方がいいよ!!はやくはやく!!」これは待とうと思いました。

いまの相場の雰囲気はいったいどちらでなのしょうか?

少なくともアマゾン、グーグルが1000ドル超えたときは、大衆心理はもう買った方がいい(早く買わないと乗り遅れる)的雰囲気だったのかなと思いました。

過去のことだからなんとでも言えますがw

 

いま投資クラスタ内では暴落、調整がくるというワードがとかく飛び交ってる印象があるので、素直に考えると落ちるまで(昨日落ちましたけど)、まだ待つ

つまり、これは「もう」なのでしょうか?

頭が混乱してきますね。

とにかく狙っている銘柄が下がれば買う、その後売らない。この方針を貫きます。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ