T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

中国のキャッシュレス化

先日からドローンのカスタマーセンターの中国人の方とメッセージでやりとりをしています。

 

担当者の方は福建省在住。ちなみに烏龍茶以外にも豊富な種類のお茶があるそうです。

日本にも来たことがあり、日本人は皆とても親切にしてくれたと。

そして、日本はとても美しい国ですとおっしゃっていました。←そうなのか・・

 

そして、聞いてみました。アリババペイ(支付宝)使ってますか?

 それに対する回答文。せっかくなので原文そのままで引用↓

 

「支付宝はとても便利で、今全中国では大人気がありますよ。私も支付宝を使っています。出かける時に、お金を持っていないでも大丈夫です。全部支付宝で支払います。」

 

なるほど。これはもうアレだ、結構すすんでる感じのやつだと思いました。

いろいろネットで調べてるのですが、都市部では、屋台でもほぼどこでもスマホ決済できるみたいですね。

物乞いの人まで電子決済用のバーコードを持っているそうです。

一番すごかったのが友人間の割り勘などもアリババペイでスマホを通して直接相手に送金できるようです。

電話番号が口座番号の代わりになるそうです。

 

こういう合理的なのは本当に好きです。特に私現金、小銭とかジャラジャラ持ち歩くのキライなんですよね。財布がふくれて重いし、お釣りの受け取りとか面倒で・・ 

 

話を戻して、アリババペイ、

どうも、日本のおサイフケータイに代表される電子マネーよりよほど簡単に導入できて、汎用性も高いようです。

ちなみに中国2大電子マネーはAlibaba pay(支付宝)とWechat payment(微信支付)だそうです。

なるほど、Wechatといえばテンセント(騰訊控股)←漢字難しい

 

阿里巴巴集団(アリババ)、騰訊控股(テンセント)おそるべし。

何よりマーケットが大きいのが強いですね。人口はやはり重要。

Alibaba Group Holdings Limited(BABA)が新規買いの注視リストに挙がりました。

 

そして、テンセント(TCEHY)は現在OTCPKという米国最下層マーケットに位置しているそうです。初めて知りました。

アリババに比べかなり安いここも注視です。

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ