T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

アマゾン

約1年半前のアマゾンに対する空気感はいまは株価が高すぎる、高値つかみしたくないから、様子見。だって年初来高値だし。暴落きたらこわいじゃん。

何となくこのように感じていた時、私の記憶に鮮明に残るアマゾンの株価は688ドルでした。

 

いまのアマゾンに対する空気感は、あのとき買っとけばよかった、そしていまやアマゾン帝国はあらゆる企業を駆逐していく、きっとまだまだアマゾンは大きくなるし期待もできる、一年前買わなかった事への後悔はもう二度としたくない・・に変わってきているような・・・

 

これは、いまアマゾンを買っておかなければ、一年半前を思い起こしてハンカチを噛みしめる今のお前みたいに後悔するぞ、本当はアマゾン欲しくてたまらないんだろ、いい加減我慢するのはやめて買ったらどうなんだ?ともう一人の自分に囁かれているようです。

 

それに対する私の答えは

「だが断る」

 

なぜならば、もう一人の自分は、未来のことをよくわかっていると自信満々に思って囁いているから。そういう相手にはNoといってやること。

 

と想像してみました。ジョジョ第4部の岸部露伴から学んだことです。( `・д・´)キリッ

そして無慈悲にもアマゾンは今後さらに踏み上げ1200ドルに達しているかもしれません。私の判断がフラグとなり達するんじゃないでしょうか。

 

だから今の900ドル代のうちに買っておいた方が絶対にお得でいいかもしれない

 

対する私の答えは・・・

 

「だが断る」

 

投資はすべて自己の判断です。

こういう判断をする人もいるのか、なるほど。

ただし自分はこの判断だ。

という人の話はよく聞きながらも一切ブレない軸

市場で生き残っている投資家の方々には必ずあるように感じました。

 

「だが断る」マインド

 だから私もこれ意識して持ちます

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ