T.Hathaway's🇺🇸U.S. STOCKS LONG RUN

人生観、投資

follow us in feedly

幼いころはかんしゃく持ち

突然ですが、僕は幼いころとてもかんしゃく持ちでした。

そして型にハマったことをすることがとても苦手。これは今もですねw

 

いきなり何故こんなことを言ったかというとtwitterで仲良くさせて頂いているナディアさんがお子さんについてこのようなツイートをされていたから。

 

 

もうこれめちゃくちゃ気持ちわかります。お子さんの気持ち!(笑)

何故なら僕もこのとおりだったから。

 

ただひとつ大きく違ったのが、僕の場合は、僕以上にかんしゃく持ちで幼稚でわがままな人間が家庭内にいまして・・ええ、父ですね。

ということで、かんしゃくを起こせるのは一人の時だけです。

 

幼いながらも、わかってました。家庭内状況的に。僕までかんしゃくを起こして家族を困らせたらもうすでに親父の相手で詰みまくってる人達にそんな余裕などあるわけないですから、ね!

 

それはそれはイヤでした、定型的なことが本心ではめちゃくちゃイヤ、でも褒められたい、気を使わなければ、皆詰んでるし、我慢しなきゃ・・ということですべてにフタをするように耐えて生きていました。

決められたことをやるのに普通の人の三倍くらい時間がかかります。しかもなんでこんな簡単なことができないのかと感情的にすごく怒られます。

 

「答えのある問題にちゃんと定型通りに答えられる=優秀」という当時幅を利かせてた価値観にずっと納得いかなかった覚えがあります。(笑)

 

そもそも大人になって直面する問題に答えなんてねーよ!むしろ答えのある問題があるなら見てみたい。当時の教育者さん達答えてくれyo

 

もっと交渉術とか議論経験積ますとか問題に対してどう取り組むかとか、失敗にどう向き合うかとかそういう汎用性の高いトライ&エラーに関する知識教える方が将来的に多いに役立つんじゃね?

制限時間内の記憶力アウトプット試験なんてSiriやAlexaとか人工知能に任せたらよくね?というかアレに一体なんの意味があるんだ?????人間の能力の測り方完全に間違ってるような・・・

すみませんヒートアップが過ぎましたね。

 

ということで、何が言いたいかというと、人はそれぞれ得意不得意があって、一定のものさしでその人の能力が推し量れるほど単純なものでは無いと思います。

そして、その人自身が好きなことを伸ばすのが最も効率よくその人自身も幸せにする近道だと思いました。

できないことを指摘するんじゃなくて、できるところに注目してひとつひとつ褒めて伸ばしてあげる。僕はそういうふうに育てられたかったので、接することができる子には徹底してそうするつもりです。

 

長くなりました、それでは!

ナディアさん頑張って!!

 

 

 

God bless you & me 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 抑うつへ